1. Top
  2. » スポンサー広告
  3. » おススメ
  4. » 「万能鑑定士Qの事件簿」Ⅰ・Ⅱ 松岡圭祐 角川文庫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • ジャンル :

「万能鑑定士Qの事件簿」Ⅰ・Ⅱ 松岡圭祐 角川文庫





「万能」 あらゆることに優れていること なんでもできること

わたしが連想したのは「万能潜水艦ノーチラス号」。
といってもヴェルヌの方ではなく、ナディアの方です。
この前、職場にGAINAXの方が見えたもので。(今年開催の「鳥取まんが博」の関係でご挨拶に)

凛田莉子 23歳 「万能鑑定士Q」経営

さて、本作の主人公ですが、当然「万能」を謳うだけの能力は有しています。
ブランド品、絵画、宝石、知識もさることながら、その観察眼は読者を驚嘆させてくれます。
猫の目のように大きな瞳、知性を感じさせるたたずまい、そして若くして膨大な知識を有しているという謎。
その活躍に期待せずにはいられません。
ですが、同時にイジワルな読者は「鑑定」できないものが出てきたときこそ、さてどうする?
とワクワクしてしまいます。

ですが、その期待はあまり満たされることがありません。
なぜならば彼女はその万能な審美眼で次々と「真」を見抜くからです。
それじゃあ、すぐに「事件」は解決じゃないかとなってしまいますが、そうはならないところが本書の「おいしい」ところです。

目の前のいろいろな物、状況の「真」にはたどり着いても、「事件」の「真」にはなかなかたどり着きません。
本人も認めるところのミスリードのオンパレードです。
奇妙な表現になりますが、正解を積み重ねているのに、正解にたどり着かない。
読み進めていくと「どうやってこの事件は解決するのか」という部分に俄然魅かれていくようになります。
残りページ数からすると逆に心配なくらいに。

私たち読者は、莉子の鑑定する知識や観察眼には驚嘆するほかありません。
莉子だからこそ導くことができる、それは主人公としての大きな魅力です。
しかし、その莉子の鑑定がどのように解決に結びつくのかということを想像することができます。
鑑定するたびにヒントが公開されていくようなものですから、この才媛に先んじて正解にたどりつけるかもしれません。
そういう風に考えていると、いつしか思考は莉子といっしょに事件解決のために右往左往していきます。

作者(または犯人)が仕掛けたトリックを、主人公に先んじて見破るのは推理小説を読むときの楽しみの一つです。
たいていは、そのうえを行かれてしまうのですが。
事件のすべてが明らかになったとき、ふうっ一息つくことができます。
それは、主人公の脅威の能力により事件が解決したという爽快感ではなく、主人公と時を同じくして自らの作者への挑戦が終わったことによるものです。
それは、凛田莉子というヒロイン小説ではなく、骨太な推理小説であることの証明でありました。

1、2巻は話が連続していますので、間を開けずに読むことをお勧めします。
勧めるまでもなく、すぐに手に取りたくなると思いますが。

それでは、みなさんも楽しい読書生活を。
スポンサーサイト

Comment

Comment Form
コメントの投稿
HTMLタグは使用できません
ID生成と編集に使用します
管理者にだけ表示を許可する

Page Top

Trackback

Trackback URL

http://kisuiko.blog14.fc2.com/tb.php/7-fca55eb2

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Page Top

訪問ありがとうございます。
お知らせ?

2012/03/04
「ヨメレバ」実装しました。
図書館検索も使えます♪
プロフィール

きすいこ

Author:きすいこ
年齢:34 性別:おとこ
<仕事>
地方公務員
<好きな作家>
有川浩 加納朋子 田中芳樹 神坂一
<好きな漫画>
「最終兵器彼女」「SLAM DANK」「ピアノの森」

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク

このブログをリンクに追加する

ブログランキング

FC2Blog Ranking

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。