1. Top
  2. » スポンサー広告
  3. » 徒然
  4. » 図書館へ行く3つの楽しみ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • ジャンル :

図書館へ行く3つの楽しみ

本読みになってから図書館へも行くようになりました。

図書館といえば、小学生のときはプレハブだった、中学生のときは昼休みの貸出当番が面倒だった、高校生のときはクーラーが効いていたので部活前に涼んでいた、大学生のときはレポート作成の資料探し、などその時々に応じていくらかの思い出があります。
いずれにしても、「本を読む」ためではないですね。

そんなわたしですが、今はいくつかの楽しみがあって図書館を利用しています。

1.「興味のまま」に本が選べる
たとえば実用書や歴史、地理など。
面白そうと思っても、買うまでいかない分野の本もたくさんあります。
文庫本でも約500円、そうでなければ1500円くらいするわけですから、自ずとリミッターが働きます。
図書館は無料ですから、自分の興味の赴くまま本が選べます。

最近借りた本
「地図を見るのが10倍楽しくなる本(<国道の秘密>編)著:中川文人 青春出版社
文字色「店頭<手書き>ボードの描き方・作り方」著:中村心 日本実業出版社
文字色「人生、90歳からおもしろい!」著:やなせたかし フレーベル館

2.「出会いもの」と出会う
わたしが行く図書館は、貸出から返ってきた本が仮置きされる書棚があります。
誰かが読んだ本なら、全く知らない作家の本でも面白いのではないだろうか、と思います。

最近出会った本
「県庁の星」著:桂望美 小学館
映画化されたときに観にいこうかどうしようかと思っていたが、迷っているうちに公開終了。
世間的には旬が過ぎた作品は、書店などではどうしても目に触れる機会が減ります。

3.「絶対買わない!」本の発掘
ネタとして誰かに話したくなるような本です。
街中で面白い人、奇抜な人に出会ったら誰かに話したくなりますよね。それと同じ感覚と思ってもらえればいいかと思います。
ブログネタで困ったときのストックに・・・。

最近発掘した本
「明太子開発史」著:今西一 交通研究協会
内容はタイトルどおり。データ、グラフなどが多く用いてあり読書用には不向きでした。
ちなみに価格、¥5,880

「平成15年度道路事業補助事務要綱」
行政から寄贈されたに違いない本です。
国に補助金申請するためのルールブックです。
まず行政職しか目にしないであろう本があるという点ではすごいぞ図書館。

ほかにもちょこっとした発見もいろいろあります。
検索システムで「もしドラ」を検索すると13人待ちであることがわかったりします。
(意外というか、買うまでもないかと同じことを考えている人が多いなあというか)

図書館で本を選ぶということは、新刊本や好きな作家の本が少なかったりするので窮屈なイメージがありました。
ですが、今ではどうやってもっと図書館を楽しんでやろうかなんて考えています。

それでは、みなさんも楽しい読書生活を。
スポンサーサイト

Comment

Comment Form
コメントの投稿
HTMLタグは使用できません
ID生成と編集に使用します
管理者にだけ表示を許可する

Page Top

Trackback

Trackback URL

http://kisuiko.blog14.fc2.com/tb.php/5-b3fae2d4

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Page Top

訪問ありがとうございます。
お知らせ?

2012/03/04
「ヨメレバ」実装しました。
図書館検索も使えます♪
プロフィール

きすいこ

Author:きすいこ
年齢:34 性別:おとこ
<仕事>
地方公務員
<好きな作家>
有川浩 加納朋子 田中芳樹 神坂一
<好きな漫画>
「最終兵器彼女」「SLAM DANK」「ピアノの森」

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク

このブログをリンクに追加する

ブログランキング

FC2Blog Ranking

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。