1. Top
  2. » おススメ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • ジャンル :

「万能鑑定士Qの事件簿」Ⅰ・Ⅱ 松岡圭祐 角川文庫





「万能」 あらゆることに優れていること なんでもできること

わたしが連想したのは「万能潜水艦ノーチラス号」。
といってもヴェルヌの方ではなく、ナディアの方です。
この前、職場にGAINAXの方が見えたもので。(今年開催の「鳥取まんが博」の関係でご挨拶に)

凛田莉子 23歳 「万能鑑定士Q」経営

さて、本作の主人公ですが、当然「万能」を謳うだけの能力は有しています。
ブランド品、絵画、宝石、知識もさることながら、その観察眼は読者を驚嘆させてくれます。
猫の目のように大きな瞳、知性を感じさせるたたずまい、そして若くして膨大な知識を有しているという謎。
その活躍に期待せずにはいられません。
ですが、同時にイジワルな読者は「鑑定」できないものが出てきたときこそ、さてどうする?
とワクワクしてしまいます。

ですが、その期待はあまり満たされることがありません。
なぜならば彼女はその万能な審美眼で次々と「真」を見抜くからです。
それじゃあ、すぐに「事件」は解決じゃないかとなってしまいますが、そうはならないところが本書の「おいしい」ところです。

目の前のいろいろな物、状況の「真」にはたどり着いても、「事件」の「真」にはなかなかたどり着きません。
本人も認めるところのミスリードのオンパレードです。
奇妙な表現になりますが、正解を積み重ねているのに、正解にたどり着かない。
読み進めていくと「どうやってこの事件は解決するのか」という部分に俄然魅かれていくようになります。
残りページ数からすると逆に心配なくらいに。

私たち読者は、莉子の鑑定する知識や観察眼には驚嘆するほかありません。
莉子だからこそ導くことができる、それは主人公としての大きな魅力です。
しかし、その莉子の鑑定がどのように解決に結びつくのかということを想像することができます。
鑑定するたびにヒントが公開されていくようなものですから、この才媛に先んじて正解にたどりつけるかもしれません。
そういう風に考えていると、いつしか思考は莉子といっしょに事件解決のために右往左往していきます。

作者(または犯人)が仕掛けたトリックを、主人公に先んじて見破るのは推理小説を読むときの楽しみの一つです。
たいていは、そのうえを行かれてしまうのですが。
事件のすべてが明らかになったとき、ふうっ一息つくことができます。
それは、主人公の脅威の能力により事件が解決したという爽快感ではなく、主人公と時を同じくして自らの作者への挑戦が終わったことによるものです。
それは、凛田莉子というヒロイン小説ではなく、骨太な推理小説であることの証明でありました。

1、2巻は話が連続していますので、間を開けずに読むことをお勧めします。
勧めるまでもなく、すぐに手に取りたくなると思いますが。

それでは、みなさんも楽しい読書生活を。
スポンサーサイト

「浜村渚の計算ノート」青柳碧人 講談社文庫



数学娘に嫉妬する物語

「数学」って、“できる人”と“できない人”の差が大きく出ます。
わたしにとって算数、数学は小、中、高と常に悩みの種であり続けました。
試験ともなると、得意教科で稼いだアドバンテージがいとも簡単に雲散霧消する有様。
「この世は、数学が得意な奴らを中心にできているに違いない」と少々卑屈な考え方になっても仕方ないのではなかろうかと思います。

ところが、本書では、その考え方は反対の立場におかれています。
数学は国家レベルで抑圧されており、一人の天才数学者が数学の復権を目指してテロが起こすというぶっ飛んだ設定になっているからです。

首謀者である「DR.ピタゴラス」は、自ら開発した教育ソフトに施した催眠により、教育を受けた国民全員を無差別にテロリストにすることを可能にしています。
それに対峙するのは、数学音痴の警視庁対策本部の面々と「近所でも評判の数学娘」として見出された市立麻砂第2中学校2年生の「浜村渚」。

『テロリストと天才少女の対決モノ』なのですが、犯人との対峙の仕方は既存の作品にはないものです。
浜村渚は数学に関しては天才ですが、その力で確率や統計を駆使し、プロファイル的に犯人にたどり着くような話は一個もありません。

では、どうやって犯人にたどりつき事件を解決に導くことができるのか。
とにもかくにも、キーワードは「数学」です。
テロリストたちはテロを起こしてでも数学の復権を望んでいるわけすから、半端なく数学を愛しています。
一方、浜村渚も単に計算式を解くのが得意とか、そこにある法則性を見抜くのが得意なだけではありません。
インド人が見出した「0」や、ルドルフ・ファン・ケーレンが生涯かかって導いた「ルドルフの数字」に素直に感動し、人類が積み重ねてきた英知としてまっすぐに数学を愛しています。
立場を正反対にしながら、数学を愛する者という共通項による「分かりあった」部分が、事件解決の糸口になっているのです。

わたしのように「数学」を苦手としてきた者でも、この「分かりあい」は伝染しました。
それを通じて気づかされるのが、数学が散文的で、無機質な存在ではなく、いかにロマンに溢れ、好奇心をくすぐる存在であるかということ。
浜村渚が、その数字、数式、法則への感動を口にするたび、こういう気持ちを学生のときに持てていたら少しは数学が好きになれていたんじゃないかと思ってしまいます。ちょっとした後悔とともに。

本作では、数学がまともに義務教育されない世界において「なぜ、浜村渚が数学を得意になったのか」ということについては語られていません。
今後語られるかわかりませんが、それがわたしの傍らにもあるようなものであったなら、なおのこと妬けてしまうでしょうね。


数学好きよりも、むしろ数学嫌いな方が得られる感動は大きいかも。
それでは、みなさんも楽しい読書生活を。

「県庁おもてなし課」有川浩



公務員が主人公の物語。
警察官、消防士、海上保安庁なども含めると「公務員」でくくれる物語はありますが、
「事務職」の公務員が主人公となるとなかなか思いつきません。

そもそも、公務員の仕事は小説のネタになるようなドラマチックなものではないと思います。
大多数の職員が、許認可に関する事務、住民票発行や、税の関係、福祉の関係などで今のところ「役所でしかできない」仕事に従事しています。

そして主人公の掛水くんは、「悲しいほどに、どこまでも「公務員」であった」と評されるほど、ふつうの公務員です。型破りな存在ではなく、どこにでもいそうな同僚の一人です。

本来ならエンターテイメントとは程遠いはずの「公務員」が、エンターテイメントそのものである「観光」と組み合わさったことにより化学反応が起きました。それもとびきりの。

同業者の立場から申し上げますと、作中に出てくる「民間とのギャップ」「他部署との意識のギャップ」などは、実体験を含め「あるある」といわざるを得ませんでした。実在する「おもてなし課」の話だけにかなりリアル。

多くの公務員が腹を抱えて笑ってよむだろうな。
でも、読み終わった後に真顔な自分を発見する。
~小菅正夫 前旭山動物園園長~


的を得ています。
公務員を目指している人も読むといいかもしれません。


(追記)
有川浩作品、はじめて読みました。
「図書館戦争」はメディアミックスもされているので有名ですが、この作者であることは読後に知りました。
今度読んでみようと思います。
最後に「多岐ちゃん」いいこですね。

それでは、みなさんも楽しい読書生活を。

訪問ありがとうございます。
お知らせ?

2012/03/04
「ヨメレバ」実装しました。
図書館検索も使えます♪
プロフィール

きすいこ

Author:きすいこ
年齢:34 性別:おとこ
<仕事>
地方公務員
<好きな作家>
有川浩 加納朋子 田中芳樹 神坂一
<好きな漫画>
「最終兵器彼女」「SLAM DANK」「ピアノの森」

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク

このブログをリンクに追加する

ブログランキング

FC2Blog Ranking

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。